家賃保証会社の株式会社Casaは時代の先駆者

未分類

これから先、日本は超高齢社会と少子化問題が複合することによって、様々な問題が発生すると予想されています。
少子化による労働力不足と年金問題で、高齢者になっても働かざるを得ない人々が増加すると予想されているのです。
もしも賃貸物件に住みたいと思っても、両親ともに高齢者の場合は連帯保証人になれないため、その代わりを務める会社を知らないと審査に通らない可能性があります。

家賃保証会社の株式会社Casa

株式会社Casaの代表取締役社長である宮地正剛氏は、創業から「三方よし」という近江商人の経営哲学の精神を基盤にしてユーザーだけでなく、社会にも価値のあるものを目指して、サービスを提供し続けてきました。
その中で賃貸住宅のマーケットを取り巻いている環境は、社会情勢を背景とした様々な問題への対応が求められているのです。
しかし、旧体制的な監修や情報の非対称性などによって、それを阻害されている現状が不動産業界にはあるのです。

それらを解決するために宮地氏はIT技術の活用を推進しています。
これまでのノウハウを課すことはもちろんのこと、新しい次世代プラットフォームを構築することでデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいるのです。
これらを達成するために専門性の高い人材を採用し、社内業務の中でもAIやRPAを活用し業務を効率化していき、新しい働き方の実現に邁進し、不動産業界に新しい風を吹き込んでいるのです。

株式会社Casaでは専任のエンジニアが、不動産プラットホームシステムの企画・設計・開発などを行っています。
不動産業界と言うと営業や事務のイメージが強いですが、Webサービスの提供などもしている株式会社Casaならではのポジションだと思います。
新しいものを世の中にリリースしたいと感じている方は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

株式会社Casaのリクルート情報

株式会社Casaの提供アプリ

家賃保証事業とは、企業が入居者の連帯保証人の代わりになることで、家賃滞納した場合に立て替え払いをするものです。
その中でも株式会社Casaは入居者カフェという専用のアプリをリリースしています。
このアプリをダウンロードすることによって、賃貸物件に関するあらゆる悩みを解決したり、お得に生活することが出来ると言われています。

チャット機能があり、こちらは家賃の支払いが苦しいときや、生活が困窮しているときなどにチャット上で相談できるというものになっています。
トラブルが解決に導かれるのはもちろんのこと、自分の悩みを誰かに打ち明けることが出来るという環境だけでもストレスが軽減されるものです。
また、アプリから契約に関する重要なお知らせや、優待サービスの案内なども通知するためお得な情報も逃しません。

新しい技術で今までのノウハウを生かす

IT技術を不動産業界に活用する動きを見せている株式会社Casa。
デジタルトランスフォーメーションを、次世代プラットフォームに構築することで達成する取り組みを見せています。
そのために必要な人材を集めて働き方を効率化しているのです。
近江商人である「三方よし」の精神を現代に蘇らせる、代表取締役社長の宮地正剛氏の考え方が如実に表れていると言えます。

そんな株式会社Casaが行なっている家賃保証事業ですが、IT技術がふんだんに使われています。
中でも入居者カフェというアプリは、賃貸物件に関する悩みはもちろんのこと、生活が困窮してしまったことなども気軽に相談できるため、特に一人暮らしなどでトラブルを抱えてしまった人などのサポートになると言われています。
このように新しい技術を使いながら、古き良き人情味も見せるのが企業としての特徴となっているのです。

コメント